2020年05月01日

5月の言葉!「箸休め」

5月6日まで全国に緊急事態宣言が出て、毎日この話題で持ちきりです。微生物が人や動物などの宿主に寄生し、そこで増殖することを「感染」といい、結果、宿主の我々人間に起こる病氣を感染症と呼びます。

 1980年に天然痘を根絶し、この感染症との戦いに勝利したかと思っていたら、エイズ、新型インフルエンザ、エボラ出血病、テング熱、西ナイル熱等々が流行し、そして今回の新型コロナウイルスです。

 今生きている私たちは、過去の大流行した感染症から、生き残った者であり、逆に感染症も40億年生き残ってきた微生物です。今回の新型コロナウイルスとの戦いも人間と微生物の終わりなき戦いの一つなのかもしれません。そんな40億年の時や壮絶な戦いから少し距離を置き「箸休め」をしてみましょう。
致知出版社から発刊されている「心に響く小さな5つの物語」TUの中から3編をご紹介します。


⑴ 縁を生かす

その先生が五年生の担任になった時、一人、服装が不潔でだらしなく、
どうしても好きになれない少年がいた。中間記録に先生は
少年の悪いところばかりを記入するようになっていた。
ある時、少年の一年生からの記録が目に留まった。
「朗らかで、友達が好きで、人にも親切。勉強もよくでき、将来が楽しみ」とある。間違いだ。他の子の記録に違いない。先生はそう思った。
二年生になると「母親が病氣で世話をしなければならず、時々遅刻する」
と書かれていた。
三年生では「母親の病氣が悪くなり、疲れていて、教室で居眠りする」
三年生の後半の記録には
「母親が死亡。希望を失い、悲しんでいる」とあり、
四年生になると「父は生きる意欲を失い、アルコール依存症となり、
子どもに暴力をふるう」先生の胸に激しい痛みが走った。
だめと決めつけていた子が突然、深い悲しみを生き抜いている生身の人間として 自分の前に立ち現れてきたのだ。
先生にとって目を開かれた瞬間であった。
放課後、先生は少年に声をかけた。「先生は夕方まで教室で仕事をするから、あなたも勉強していかない?わからないところは教えてあげるから」
少年は初めて笑顔を見せた。
それから毎日、少年は教室の自分の机で予習復習を熱心に続けた。
授業で少年が初めて手をあげた時、先生に大きな喜びがわき起こった。
少年は自信を持ち始めていた。
クリスマスの午後だった。少年が小さな包みを先生の胸に押しつけてきた。あとで開けてみると、香水の瓶だった。
亡くなったお母さんが使っていたものに違いない。
先生はその一滴をつけ、夕暮れに少年の家を訪ねた。
雑然とした部屋で独り本を読んでいた少年は、氣がつくと飛んできて、
先生の胸に顔を埋めて叫んだ。
「ああ、お母さんの匂い!きょうはすてきなクリスマスだ」
六年生では先生は少年の担任ではなくなった。
卒業の時、先生に少年から一枚のカードが届いた。
「先生は僕のお母さんのようです。そして、
いままで出会った中で一番すばらしい先生でした」
それから六年。またカードが届いた。
「明日は高校の卒業式です。
僕は五年生で先生に担当してもらって、とても幸せでした。
おかげで奨学金をもらって医学部に進学することができます」
十年を経て、またカードがきた。
そこには先生と出会えたことへの感謝と父親に叩かれた体験があるから
患者の痛みがわかる医者になれると記され、こう締めくくられていた。
「僕はよく五年生の時の先生を思い出します。
あのままだめになってしまう僕を救ってくださった先生を、
神様のように感じます。大人になり、医者になった僕にとって
最高の先生は、五年生の時に担任してくださった先生です」
そして一年。届いたカードは結婚式の招待状だった。
「母の席に座ってください」
と一行、書き添えられていた。


⑵ 十五歳の重度脳性マヒの少年が、その短い生涯の中でたった一篇、
命を絞るようにして書き残した詩です。

ごめんなさいね おかあさん
ごめんなさいね おかあさん
ぼくが生まれて ごめんなさい
ぼくを背負う かあさんの
細いうなじに ぼくはいう
ぼくさえ 生まれなかったら
かあさんの しらがもなかったろうね
大きくなった このぼくを
背負って歩く 悲しさも
「かたわな子だね」とふりかえる
つめたい視線に 泣くことも
ぼくさえ 生まれなかったら
ありがとう おかあさん
ありがとう おかあさん
おかあさんが いるかぎり
ぼくは生きていくのです
脳性マヒを 生きていく
やさしさこそが 大切で
悲しさこそが 美しい
そんな 人の生き方を
教えてくれた おかあさん
おかあさん
あなたがそこにいるかぎり


⑶ 歴史創新

十八世紀から十九世紀にかけ、
世界に重くのしかかる難問があった。
梅毒の跳梁である。
決定的な解決策を見出せず、
密かに人類の滅亡さえ予感された。
曙光が射したのは二十世紀に入ってだった。
一九一〇年、
梅毒の化学療法剤サルバルサンが発明されたのだ。
発明者はコッホ研究所の研究者
パウル・エールリッヒである。
このサルバルサンは別名六百六号と呼ばれる。
ヒ素化合物の試作品を次々と作って、
六百六番目に初めて得られた
目的を達する薬だったからである。
つまり、エールリッヒは六百五回失敗を繰り返し、
その数だけ失望と苦悩を味わったのである。
研究にとって最も大事なものは何かと問われ、
エールリッヒはこう答えた。
「忍耐」
時代の古今、洋の東西、分野の差異を問わず、
新しい歴史を切り開いた人たちがいる。
それらの人たちに共通する条件を一つだけ挙げれば、
こう言えるのではないか。
困難から逃げなかった人たち、
困難を潜り抜けてきた人たち    だと。
新しい時代に適った夢と志を実現する。
「歴史創新」とはこのことである。
そして、夢と志を実現しようとする者に、
天は課題として困難を与え、試すのではないか。




代表社員 前原 幸夫
posted by 前原幸夫 at 00:00| 今月の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする